風俗店での面接の際の適切な服装や髪型などについて

女性の下着を脱がそうとしている男性

風俗の面接を受けることが初めてだ。そのような女性も多いのではないでしょうか。

面接というと堅苦しいようなイメージがあることでしょう。今回は、髪型や服装そして気になる方も多い「身分証」に関して触れていきたいと思います。

スーツを着なくてはならないのか

面接というとリクルートスーツを着るというイメージがあるかもしれません。スーツに関してですが、必ず買いそろえなくてはならないという事はありません。

逆に、スーツでも特に問題はありません。

無難な服装をと考えている方へ

風俗の面接の場合、服装においても比較的に自由度が高いことから特にナーバスになるという必要性はありませんが、よく言われているのが「無難な服装」といわれるものです。

求人サイトなどにも書かれていることがあるでしょう。ここで言う無難な服装というものはワンピースやアンサンブルというものが該当するでしょう。

極力、女性らしい服装のほうが印象度としては高くなるかと思います。

髪型について

髪型については自由でよいでしょう。ただし、清潔感は重視するよう心がけてください。例えば染めむらが出来ている、染めた部分との境目がくっきりとしている・寝癖も治さないなどという状態はおすすめできません。

身分証について

面接の際、身分証の提示を求めるという店舗が大半です。どのような事柄に使われるのかという部分ですが、公的証明書によって本籍地の確認をするものと把握しておくと良いでしょう。

ですので、それらが確認できるものもしくは顔写真が提示できるものなどを用意するようにしましょう。具体的なものですと、運転免許証・パスポート・住民基本台帳カードなどが良いかと思います。

もし、顔写真月のものが無いという場合は保険証などでも構いませんが、念のため事前に店舗側に確認をとっておくのが安心です。